彼氏に会えない時間を救ってくれるテレフォンセックス

電話でのセックスでは、お互いの濃密なコミュニケーションが何より重要

その手段として、電話があります。
電話でもっと正直に、キスしたいことや抱きしめたいこと、好きという気持ちを伝えるのです。
そして初めての人は勇気が要るかもしれませんが、テレフォンセックスをしてみるのもひとつの方法と言えます。
テレフォンセックスとは、電話でセックスをすることです。
勿論、お互いに離れているので実際には相手に触れることはできません。
しかし受話器の向こうでお互いが愛の言葉を囁いて、抱き合っているイメージを持つことで、セックスをしているのと同じようなシチュエーションを作ることができます。
そしてだんだんと二人とも興奮してくることでしょう。
やり方としては、やはり男性がリードしてあげることが大切です。
「好きだよ」「会いたくてたまらない、キスしたいよ」などと電話口で熱く語ります。
そして彼女に、「君はどうか?」と尋ねるのです。
電話でのセックスでは、お互いの濃密なコミュニケーションが何より重要です。
そして彼女をその気にさせて興奮するように持っていくことがまず男性の役割になります。
そのために欠かせないのが、疑問文の投げかけと興奮させるための指示を出すことです。
「君はどうか?」と聞けば、彼女は「わたしもキスしたい」などと答えるでしょう。
そうすれば隙なく、「目を閉じてみて。
キスをするから、ほら」と言います。
彼女もだんだんと気持ちが高ぶり、彼氏の言う通りにするはずです。
「舌が触れるよ。
ああたまらない、会いたいよ、舌を出してみて」というように、彼女に行動を要求していきます。

コロナ渦では、大好きな彼氏に会いたくてもなかなか会いにくい電話でのセックスでは、お互いの濃密なコミュニケーションが何より重要テレフォンセックスで重要なことは、お互いが信頼し合うこと